のぼり旗の宣伝効果を知る

目立つ必要性

目を引くのぼり旗

のぼり旗は、商業用に使用する集客のためのお店には必須アイテムです。
目立つように工夫して作るのが普通で、のぼり旗では原色をつかうことが多く、カラーリングで一番目立つのは
黄色の素地に黒のそれもつやがある文字をつかうことと効果的です。

遠くからみてイメージができて、しかも目立つ必要性があるので
その色づかいはたいへん重要で、様々な宣伝効果が期待できます。

具体例としては赤の旗は、だいたい白文字の抜きで構成されて大安売りと書かれていることが多く、
バーゲンなどの特売りを表現します。

黒はなにか高級なものを連想して、金文字だとさらに際立ちます。
キャラメルカラーの旗はお菓子の甘さを連想させて、ワッフルやドーナツに用いることがあります。

ピンクは落ち着きを表すのでクレジットカードや保険の契約に向きます。
このようにカラーリングは商品によって変化してもので、その商品をよりリアルに連想させて
購買に結び付けやすくするという宣伝効果が期待できます。